スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

2017年5月予定



【相沢聖司】詩集「Dead or Alive」の電子書籍がついに発売します。


詩人であり作家 相沢聖司の電子書籍版「Dead or Alive」がついに発売します。


相沢聖司 ~Seiji Aizawa~

普段はホームヘルパーとして働いており、詩人作家としての裏の姿をもつ異色の作家

2007年 文芸社ビジュアルアートより詩集、心揺さぶる真実出版

2012年12月25日、心揺さぶる真実を加筆修正した。

詩集 作品集『Dead or Alive』を出版


『Dead or Alive』は世界規模、テロや核、貧困、戦争などがテーマにした詩集です。


全ての社会情勢や詩、写真、芸術に興味がある人に世界情勢を知ってもらいたい、その一心で執筆致しました。


この手のテーマを詩で伝える作家は数少なく、世間からも一目置かれています。



アラブ世界の宗教対立、地球温暖化、貧困、核の脅威、テロリズムなど世界は今危機に瀕している。

そんな状況で、世界の繁栄や平和を願い詩を綴っています。



自分の利益を求め、人を切り捨てて人は優しさを失った、仮にミサイルが飛びかい血が流れる世界になった時、人は本当の大切なものに気付くだろう
平和は綺麗事を言うだけでは作れない、絶えず僕らは戦っている、痛みを知るものが本当の優しさを知るものとなるだろう

by 相沢聖司


社会情勢や詩、写真、芸術に興味がある人には是非手に取って頂きたい。


【あなたが訪れたいときに世界観のある詩を...】


相沢聖司『Dead or Alive』


今回電子書籍版ということで

・Kindleストア
kindleストア

・楽天Kobo
楽天KOBO
にてご購入することが出来ます。


通常の価格よりも非常にお求めやすい200円と、手軽にご覧になれます。


電子書籍のメリットとして


・購入が手軽ですぐ読める
・かさばらないので本棚が必要ない
・データなので汚れや水に強く劣化しにくい
・データが残っている限り紛失はない
・スマホ、タブレット、PC等の様々な端末で読める
・安価
・文章の検索機能が存在する
・文字の拡大が出来るため老眼鏡などの必要が無い
・暗所でも読むことが出来る


などと電子書籍自体にも多数のメリットがございます。


また、読者の方々から「電子書籍でも読みたい」と多くのお声を頂き、今回電子書籍でもご好評いただいております

『Dead or Alive』を出版させて頂くことに致しました。


これを機に多くの方のお手元に届き

テロや核、貧困、戦争についての世界情勢について、少しでも知って頂けましたら幸いです。


相沢聖司『Dead or Alive』

電子書籍版 5月配信予定!


皆様からのご購入お待ちしております。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。